読者諸君は、xR という言葉に聞き覚えがあるだろうか。

聞き覚えが無い人でも AR や VR といった言葉であれば知っていると思う。ポ〇モンGO や V〇Chat など身近なアプリケーションにも利用されている技術である。

当記事では、xR の魅力について解説していく。

1. xR とはなんぞや。

当記事のタイトルでもある xR についてだが、これは「AR, VR, MR, SR」といった仮想空間技術や空間拡張技術の総称である。つまり、xR は AR でもあり VR でもあるということだ。

ここで読者諸君は更に疑問に思ったのではないだろうか。「仮想空間技術と空間拡張技術とはなんぞや」と。

簡単に説明すると、仮想空間技術はその名のとおり仮想(PC内)に視認可能な空間を作成し、空間内で様々な疑似体験ができる技術である。そのため、現実とは異なる空間領域・操作性を体感することができる。

一方、空間拡張技術は、ベースが現実である。現実の空間に投影するイメージで現実空間に本来存在しないものを存在させることができる。最近では視覚情報のみならず触覚まで再現できるようになっている。当技術を利用したアプリケーションはまだ少ないが、今後増えていくものと予想される。

2. AR(Augmented Reality) とは

拡張現実と訳されることの多い AR ではあるが、具体的にどのようなことができるのかについてはふんわりと認識している読者は多いのではないだろうか。

ARは、QRコードなどの現実に存在する目印を起点に現実空間に情報を重ね合わせることができる。AR の手法は大きく分けて3種類存在し、それぞれ「ロケーションベースAR」「ビジョンベースARマーカー」「ビジョンベースARマーカーレス」と呼ばれている。

ロケーションベースARは、GPSなどの位置情報を基に情報を重ね合わせる。そのため、目印となるマーカーがなくても描写が可能である。

某ポケ〇ンGO では、現実背景の上にキャラクターを重ね合わせ、まるで現実に存在しているかのような描写を端末を通して視認できる。これもロケーションベースARの活用事例である。

ビジョンベースARマーカーは、QRコードのようなマーカーと呼ばれる目印を起点に情報を重ね合わせる。

主に、量産されるパッケージなどに印刷し、スマホ搭載カメラ等を通して見ることが多い。

ビジョンベースARマーカーレスは、物体認識技術を使い、特定の物体や図形などを起点に情報を重ね合わせる。

自社商品パッケージの書き換えやポスターなどに利用される。

3. VR(Virtual Reality)

仮想現実と訳される VR だが、こちらは AR よりも知っている人は多いのではないだろうか。

VRは、スマートフォンやヘッドマウントディスプレイを使用し、仮想の現実世界を体験することができる。そのため、自分がその世界へ入り込んでしまったように感じ、直感的な操作で自分の思う通りに動くことができるのだ。

これは、360度の映像を投影し、モーションセンサで動きを検出して視野の切り替えや移動を行っている。物体の動きは物理エンジンを使うなどし、現実の物理法則に近づけることもできれば、その世界独自の法則で動くことも可能である。

まるで異世界召喚物のラノベのような技術であり、P〇VRなどの家庭ゲーム機の他、V〇Chat、VR展示会など幅広く利用されている。

最近では、ビジネス分野でのVR利活用が大きく進んでいて、建築分野や医療分野のほか教育分野などでも注目されている。

4. MR(Mixed Reality)

さて、ここまで AR, VR とアプリケーションが存在し、一般的に周知されている技術を説明してきたわけであるが、MR となると一気に知っている人が減るであろう。尚、病院で受けるMRI検査とは全く別物である。

※たまに勘違いして「放射線検査がどうしたの?」と言う人がいます。

MR技術だが、複合技術と訳されることが多い。何が複合なのかと言うと、前述したARとVRの両方の技術を利用しているからである。

さて、この説明で頭にハテナマークが浮かんでいる人も多いと思う。

簡単に言うと、VRの空間に現実世界の情報を固定できるのだ。そのため、現実世界に存在する建物をVR世界に持ち込むことができる。

利用例としては、現実世界で作成された機器の部品などをVR空間に持ち込み、VR空間で試作品を作ったり壁を通過したりなど、現実空間では難しいが仮想空間なら簡単に実現可能である操作を行える分野に使われる。

MRは、ARやVRと異なり認知やアプリケーションなどは多くないが、近い将来様々な利用がされると予想される技術である。

5. SR(Substitutional Reality)

ここまでくると知っている人がほぼいないであろう SR 技術について説明する。

SRは、代替現実と訳される。簡単に説明すると、MRの逆である。

つまりは、現実世界に仮想空間の情報を持ってくるという技術である。これだけを聞くとARと同じでは?と思う方も多いと思うが、異なる点としては、「違和感がない」という点である。

例えば、曇っている空を晴れているように見せたり建物の外観を変えたりなど、デバイスを外したり仮想であると認識したりしない限り違和感を感じられない。

筆者は、将来的には眼鏡型デバイスが常用される世界になると予測しているが、そのときにこそSR技術の真価が発揮されると考えている。

その時は、某ネズミのプラグインを入れると常に夢の国にいるような気分が得られるといったことも可能になるかもしれない。

6. さいごに

2020年のXR市場は、前年比4倍の85億ドルになると予想がされている。コロナの影響を受け、展示会やセミナーもウェブベースになりつつある。5Gも直前に迫っていることもあり、XR市場は今後さらに加速していくことだろう。

筆者は、この波に乗り遅れないためにモデリングの勉強を始めた。エンジニアだけど。。

読者諸君は何か行動を始めているだろうか。時代に取り残されないためにもXRに率先して触れていくことをおすすめする。

0 Comments

Leave a Comment

SNS

GOOGLE PLUS

FLICKR

INSTAGRAM

YOUTUBE

広告

img advertisement